DRINK TRAVEL 2019 スコットランド旅行記6日目

スコットランド


おはようございます。やっしーです。

スコットランド6日目。今朝は朝からグラスゴーに向けて移動します。天気は曇り。素敵な時間をありがとう。ポートエレン蒸留所からは湯気も上がってて。


今は製麦工場みたい。しかし巨大な設備です。敷地も広いし。DIAGIOの看板があったから、またウイスキー造りはじめたりするのかなぁ。

そんなこんなで、Port Ellen。こちらから船に乗ってアイラ島を離れます。
2時間ちょいですかね。
今回の船内はまぁまぁ良くある客船の感じ。
行きとのギャップが凄いけど(笑)まぁそれは乗ってしまえばどっちでも良いんですけど。。
船内でビール飲んだりブラブラしたり。
ひたすらに海って気持ちいい~♪
日本の海は磯の香りがまとわりつくようにも感じますが、こちらの海は波も穏やかだし、全然磯臭くない。不思議だなぁ。。

kennacraigの港に着きまして、そこから北上して、車でBEN NEVISのあるFort Williamまで行きます。途中でCri nanに立寄りシーフードの美味しいホテルのレストラン。で食事したり。
家族でやってるホテルレストラン。
内装が女性的で可愛い建物でした。

リアルエールのハンドポンプで、ぬるいcitra session blondeを。

今回グラスゴーでも船でもアイラ島でも良く見かけるこちらのブランド。通常のドラフトでも瓶でも良く出会って飲んだブランドです。
リアルエールは初めて。
こちらは、シーフードにあうレモンの様な爽やかビターで料理にもピッタリ。
料理の盛り付けもオシャレだ。
またまた出発。Fort Williamに向けて。

海沿いから山道、民家の並ぶサイクリングロードの脇にはプライベートな船を川に浮かべてたり。

川に架かる橋は開閉式。門みたいにビヤッーて開くタイプ。観音開きって言ったっけ。

そんなこんなでついにFort Williamに。

道中は結構時間が掛かってしまいツアーには参加できず残念。BEN NEVIS蒸留所。

ショップも閉まってたから取り敢えずブラブラと。見回ってみます。

NEVIS山の麓にある大自然の蒸留所。

建物の外は大体古くて歴史を感じます。奇跡的に覗けた大きなポットスチル。

最後のツアー参加の方々が居てくれたおかげで、扉が空いててラッキーだった♪

外にはまたまた空樽が積んであり。近づいてみると、前に入ってたであろう熟成された良い香りも感じます。




DRINK TRAVEL エールハウスお酒の旅

  • facebook
  • twitter
  • instagram

店舗情報

店内写真
住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-16-8 山口ビルB1F
TEL
03-3980-4845
E-mail
info@alehouse.jp
営業時間
月~金 18:00~26:00
土 15:00~26:00
日曜 15:00~23:30
祝日が火~金の場合
17:00~26:00
祝日が月曜の場合
15:00~23:30
祝日が土曜の場合
15:00~26:00
定休日
無休